MENU

川口市 戸田市 蕨市の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事のことなら、外壁塗装・屋根塗装&雨漏り専門店 プロペイントへ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-128-777電話受付10:00-18:00 年中無休で営業中!

  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから
  • まずはお見積り前に診断依頼 こちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 屋上ゴムシート防水を定期的にチェックして劣化に対処しよう

屋上ゴムシート防水を定期的にチェックして劣化に対処しよう

2022.04.14 (Thu) 更新

こんにちは!川口市、さいたま市、戸田市、蕨市の外壁塗装・屋根塗装専門店プロペイントです。

屋根が屋上(陸屋根)になっている建物では、雨が溜まりやすい構造のため防水工事が必須です。

今回ご相談いただいたお宅の屋上防水は、ゴムシートが施工されていました。

屋上防水には他にも塗膜防水・アスファルト防水などの施工方法がありますが、それらに比べてシート防水は

  • 広い範囲の施工がしやすい
  • コストが抑えられる
  • 短期間の工事で済む

というメリットがあります。

しかし、一般的にゴムシートの耐用年数は10〜15年、さらに耐久性のある塩ビシートでは10〜20年と言われていて、紫外線や雨水の長期的な影響による劣化はどうしても避けられません。

ゴムシート防水によく見られる劣化症状

こちらのゴムシート防水では下記のような劣化症状が見られました。

  • 膨れ

これは、下地に直接ゴムシートを貼りつける密着工法で施工した場合によく発生する症状です。

このような膨らみは施工不良が原因で起こるケースもありますが、正しく施工していてもなかなか避けられないため、シート防水ではよく見られる劣化症状です。

原因としては、下地に浸透した水分が蒸発して湿度となり、ゴムシートとの間で膨らむことが考えられます。

ゴムシート防水の膨れは劣化の初期症状で、すぐに雨漏りが発生するケースは少ないですが、メンテナンスのサインになります。

  • 破れ

屋上防水に使用するゴムシートは厚さが1.0mm2.0mmほどの薄いものが多く、尖ったものが触れると破けてしまうことがあります。

特にカラスなどの鳥が突いたり、強風での飛来物によって刺激を受け破れてしまうことが原因になります。

破けてしまった箇所は小さくても、雨が浸透し雨漏りに繋がるので、定期的にチェックして早めに対策するのがベストです。

相談無料 診断無料 見積無料 相見積もり大歓迎!

ご質問・ご相談にプロペイントの一級塗装技能士が親身になってお答えします。

0120-128-777
受付時間10:00-18:00 年中無休で営業中!

  • 外壁塗装の相談をしたい ご来店予約はこちらから 相談・見積もり無料
  • 外壁塗装の費用を知りたい お問い合わせはこちらから お気軽にご相談ください
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

プロペイント代表よりごあいさつ

確かな技術力でお客様の
お住まいを守ります

プロペイント 代表取締役

武田 光司
KOJI TAKEDA

この度は数ある塗装・防水業者の中から、私たちプロペイントのホームページをご覧いただきありがとうございます。

私達は 埼玉県川口市、蕨市、戸田市にお住いのお客様に外壁塗装を通して、大切な住まいと生活を守るために活動をしております。

私たちは塗装に対してこだわりを持っています。

プロペイントでは、私が職人出身ということもあり、他社にはない「技術力」という点にこだわっております。なぜなら、塗装は同じ塗料・同じ道具・同じ工程で行ったとしても、職人の技術力によって品質が大きく変わってくるからです。

『確かな技術力』でお客様のお住まいをお守り致します。 地域密着で外壁塗装を行いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。