MENU

川口市、蕨市の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁塗装・屋根塗装&雨漏り専門店 プロペイントへ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-128-777電話受付9:00-19:00 年中無休で営業中!

  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから
  • まずはお見積り前に診断依頼 こちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 屋根塗装 > 川口市、さいたま市、戸田市、蕨市の外壁塗装・屋根塗装専門店プロペイント      屋根の縁切りで雨漏りから守る

川口市、さいたま市、戸田市、蕨市の外壁塗装・屋根塗装専門店プロペイント      屋根の縁切りで雨漏りから守る

屋根塗装豆知識

2020.03.02 (Mon) 更新

こんにちは!さいたま市&川口市の外壁塗装・屋根塗装専門店のプロペイントです。

1月からコツコツと更新してきた当塗装コラムも、投稿数200に近づいてきました✋

塗装をお考えのお客様に少しでもお役に立てるよう、今後も更新していきます☆

 

さて本日のブログでは、屋根塗装に必要な「縁切り」についてご紹介しようと思います。

カラーベスト屋根(コロニアル)の塗り替えには必要で、大切な作業です。

 

カラーベスト屋根(コロニアル)の仕組み

カラーベスト屋根(コロニアル)は、屋根材と屋根材の重なった部分に隙間があります。

この隙間は、屋根材の通気性を良くし、雨水を排出するために設けられています。

通常の雨なら問題ありませんが、台風など激しい雨が降った場合、屋根材の下に雨水が入り

込んでしまうことがあります。入り込んだ雨水や、湿った空気を逃がす場所として、隙間は大切なのです。

 

隙間がなかったらどうなるのか

隙間のサイズも適切でなければなりません。隙間が全くないと、侵入した雨水を排出できず、

雨漏りの原因となります。逆に狭すぎても、毛細管現象を起こして雨水を吸い上げてしまうのです。

※毛細管現象とは・・・狭い空間の中を液体が浸透していく物理現象のこと

 

屋根の塗装で大切な隙間がふさがれてしまい、雨漏りがはじまった・・・ということにならないよう、

隙間を確保することが大切です。この作業を縁切りと言い、雨漏りから守るためにも重要な工程です。

以前は引っ付いた塗料をカッターで一つひとつ切っていましたが、現在はタスペーサーという道具を用いるのが主流です。

 

このように、屋根材の重なり部分にちょうど良い隙間を作るのが、タスペーサーの役割です。

工事の流れとしては、塗料を塗る前の下地処理の段階でタスペーサーを挿入します。

屋根の面積によっても異なりますが、1㎡当たり12個前後のタスペーサーを使用することが多いです。

縁切りの作業に不手際があり、塗装をしたのに雨漏りがする・・・ということにならないよう、

業者選びはしっかりと行ないたいですね。プロペイントでは、一級塗装技能士が相談に応じます。

ぜひ一度、ショールームにお越しください!

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、さいたま市&川口市のプロペイントまで、是非一度 ご相談ください。

ショールームのご紹介はコチラ

塗料商品ページはコチラ

無料外壁・屋根診断はコチラ

来店予約はコチラ

相談無料 診断無料 見積無料 相見積もり大歓迎!

ご質問・ご相談にプロペイントの一級塗装技能士が親身になってお答えします。

0120-128-777
受付時間9:00-19:00 年中無休で営業中!

  • 外壁塗装の相談をしたい ご来店予約はこちらから 相談・見積もり無料
  • 外壁塗装の費用を知りたい お問い合わせはこちらから お気軽にご相談ください
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

プロペイント代表よりごあいさつ

確かな技術力でお客様のお住まいを守ります

プロペイント 代表取締役

武田 光司
KOJI TAKEDA

この度は数ある塗装・防水業者の中から、私たちプロペイントのホームページをご覧いただきありがとうございます。

私達は 埼玉県川口市、蕨市、戸田市にお住いのお客様に外壁塗装を通して、大切な住まいと生活を守るために活動をしております。

私たちは塗装に対してこだわりを持っています。

プロペイントでは、私が職人出身ということもあり、他社にはない「技術力」という点にこだわっております。なぜなら、塗装は同じ塗料・同じ道具・同じ工程で行ったとしても、職人の技術力によって品質が大きく変わってくるからです。

『確かな技術力』でお客様のお住まいをお守り致します。 地域密着で外壁塗装を行いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。