MENU

川口市、さいたま市の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修、防水工事リフォームのことなら、外壁塗装・屋根塗装&雨漏り専門店 プロペイントへ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-128-777電話受付10:00-18:00 年中無休で営業中!

  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから
  • まずはお見積り前に診断依頼 こちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 屋根塗装 > 川口市、さいたま市、戸田市、蕨市の外壁塗装・屋根塗装専門店プロペイント      ウレタン防水工事を詳しく

川口市、さいたま市、戸田市、蕨市の外壁塗装・屋根塗装専門店プロペイント      ウレタン防水工事を詳しく

屋根塗装豆知識

2020.02.26 (Wed) 更新

こんにちは!さいたま市&川口市の外壁塗装・屋根塗装専門店のプロペイントです。

本日の川口市は曇りのため、いつもより花粉の量が控えめで助かりました。

とはいえ、まだまだ油断できませんね!

 

さて本日のブログは、最近主流の防水工事「ウレタン防水工事」を取り上げたいと思います。

その中でも密着工法と通気緩衝工法があり、どう違うのでしょうか。

大まかには、ウレタン防水を行なう前の状態が、≪すでにウレタン防水がなされているか≫

≪ウレタン防水がなく、下地がコンクリートであるか≫で分けられます。

 

密着工法

狭小部位や既存下地がウレタン防水の際に行なう工法。直接ウレタンを塗布し、防水層を完全に密着させる工法です。

ウレタン防水材が2層になるように重ねて塗り、所定の厚さに仕上げます。均等に塗る技術が必要です。

工期が短く、コストパフォーマンスの良い工法ですが、この密着工法は通気性が低く

下地に含まれる水分の影響を受ける可能性があります。

膨れや破断の原因となりやすいため、雨漏り対策には向いていない工法です。

 

通気緩衝工法

既存下地がコンクリートに使用する工法です。

下地がコンクリートの場合、密着工法で防水工事を行うと、コンクリートが発する蒸気によって、

防水層に内部から膨れを発生させてしまいます。

この膨れを防ぐために通気性能がある通気緩衝シートと脱気塔を設けることで蒸気を逃がし、

膨れを解消します。

 

 

通気緩衝シートによって、既存下地のコンクリートに起きる亀裂の発生を抑制することができます。

屋上防水のような広い部分に防水工事を行う場合は、通気緩衝工法での防水工事が適切です。

 

ウレタン防水と言っても、このように二つのパターンに分かれるのですね。

建物の状況をしっかりと把握して、わかりやすく提案しますのでご安心ください。

プロペイントは防水工事の実績も多く、経験豊富なスタッフが担当します。

ぜひ一度、お気軽にお問合せください。

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、さいたま市&川口市のプロペイントまで、是非一度 ご相談ください。

ショールームのご紹介はコチラ

塗料商品ページはコチラ

無料外壁・屋根診断はコチラ

来店予約はコチラ

相談無料 診断無料 見積無料 相見積もり大歓迎!

ご質問・ご相談にプロペイントの一級塗装技能士が親身になってお答えします。

0120-128-777
受付時間10:00-18:00 年中無休で営業中!

  • 外壁塗装の相談をしたい ご来店予約はこちらから 相談・見積もり無料
  • 外壁塗装の費用を知りたい お問い合わせはこちらから お気軽にご相談ください
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

プロペイント代表よりごあいさつ

確かな技術力でお客様のお住まいを守ります

プロペイント 代表取締役

武田 光司
KOJI TAKEDA

この度は数ある塗装・防水業者の中から、私たちプロペイントのホームページをご覧いただきありがとうございます。

私達は 埼玉県川口市、さいたま市、蕨市、戸田市にお住いのお客様に外壁塗装を通して、大切な住まいと生活を守るために活動をしております。

私たちは塗装に対してこだわりを持っています。

プロペイントでは、私が職人出身ということもあり、他社にはない「技術力」という点にこだわっております。なぜなら、塗装は同じ塗料・同じ道具・同じ工程で行ったとしても、職人の技術力によって品質が大きく変わってくるからです。

『確かな技術力』でお客様のお住まいをお守り致します。 地域密着で外壁塗装を行いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。